川湯の森病院

川湯の森病院は、
医療・介護・福祉・保健を軸とした
共存共栄を目指します。

お問い合わせ先

お気軽におたずねください


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各部門の紹介
  3. 看護部
  4. 看護部 各部署紹介

看護部 各部署紹介

 看護部各部署を看護師長よりご紹介いたします。

外来・訪問看護

当院の外来は内科・心療内科の外来診察の他に、訪問診療と精神科訪問看護を行っています。
スタッフの年代は60代4名、30代1名の5名体制です。そのうちパートは2名で子育て世代のスタッフもワークライフバランスに合わせた働き方で無理なく仕事が出来るよう配慮しています。
日々の業務がスムーズに行えるようスタッフ間でコミュニケーションを良くとり、助け合い、連携をとりながら仲良く仕事が出来ています。
訪問看護では主に認知症や精神障害の方の心身の健康状態を観察し、服薬管理、生活リズムの調整など家族やケアマネ、主治医と協働しケアを行い、その人らしい生き方が出来るよう支援しています。
入院生活とは違って、本人や家族の希望にそった看護ができる事、利用者から優しさを頂いたり、生き方を教わったりして、それが「元気」のもとになっています。

1階病棟

1階病棟は30代~70代の看護師と10代~60代の介護福祉士、ヘルパーの幅広い年齢層のスタッフが日々チームワークを活かし業務に取り組んでいます。
看護師の特徴としては小児や循環器、透析や手術室で活躍したスタッフが集まっているところです。
知らない事やわからない事をお互い教えあい、一緒に考え、より良い看護を目指しています。
また、看護師と介護福祉士、ヘルパーとの連携が良く、業務がスムーズに行えています。
コミュニケーションを良く図り、仲の良い病棟です。相手を思いやり、助け合い、一緒に頑張ろうとする気持ちが強いと感じます。子育て世代も多いため、パートとして働いているスタッフも多いですが、無理なく仕事が出来るよう周囲の協力が得られ、病院もこの世代の受け入れ態勢を良くしようと考え配慮されています。よって、自分だけではなく、家族への負担も少ないと感じます。
療養型ではありますが、入退院は多く、医療処置の注射、点滴も少なくはありません。それでも、患者さんとゆっくり過ごす時間も十分に持て、この大自然の中で良い環境のもと仕事ができる職場です。

2階病棟

当院は、1階2階共に長期療養型の病棟で、急性期治療を終え病状が安定した慢性期の患者さんや認知症により自宅での生活や介護が困難になられた患者さんが入院されます。
白樺の森に囲まれた自然に恵まれた環境の中、病室の窓から見える景色に毎日癒され、森のシャワーを浴びながら看護に励んでいます。
院内全てが木を基調としたウッディな作りの為、患者さんやご家族から「別荘や山のホテルみたいですね」とお言葉を頂きます。
スタッフの平均年齢は50歳後半ですが、みんな元気にベテランの味を出しアットホームで笑顔の絶えない雰囲気で患者さんと共に過ごしています。
患者さんのQOLを尊重し、人と人の出会いを大切に日々努力しています。こんな私達と共にゆったりとした時間を過ごしませんか。